トップ / 麻酔科の必要な知識や経験

麻酔科の必要な知識や経験

麻酔科に関する知識

麻酔科に必要な資格について

麻酔科は、専門性の高い科となります。必要な資格は、国家試験に合格した医師や歯科医師であることとされているので、専門外の医師が麻酔を行っても、罰せられることはありません。しかし、多くの専門的な知識と技術、豊富な経験などが麻酔科には必要になってきます。標榜医となる場合は、指導医のいる病院で2年間の専従が必ず必要となります。国によって認定されるので、国家資格の1つでもあります。現在では、女医の活躍を後押しする制度もあります。

麻酔科の資格とは何か

麻酔科についてのお話です。われわれ庶民にとって、病院の医師というと患者の治療をするものと思っています。医師、先生と聞けば大抵そういう人を考える方が多いと思います。しかし、病院には手術があり、患者の痛みを感じさせないために麻酔を使い、その量や使用方法を担当するという人がいます。それが麻酔科です。専門職になります。日本の国家試験制度では、各専門の資格を取得してからでなければ、その道での仕事ができません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が休診の理由とは. All rights reserved.