トップ / 歯科衛生士と歯科助手

歯科衛生士と歯科助手

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の働き方は

一般的に歯科衛生士と歯科助手を一緒にしていまいがちですが、その資格や仕事内容の範囲は大きく違いがあります。歯科助手は歯科医のアシスタント的な業務が基本ですが、歯科衛生士は技術系の国家資格なので当然資格を持っている人が該当します。主な業務内容は虫歯にならないための指導や歯周病の予防のためのクリーニングなども業務にはいりますし、歯科医のように虫歯の治療行為や歯周病でもメスなどを利用するような医療行為はできませんが、歯周病に対する知識や技術面での対応は身に付けていますので患者対応や指導もできる事になっています。

歯科助手が出来ることとは

歯石や歯垢の除去と作業も国家資格を持っている歯科衛生士には可能ですが、患者の口腔内に手を入れる事が許されていない歯科助手には行うことのできない業務になります。実際の仕事にはこのような医療的な行為だけでなく、院内の清潔感を保つための清掃や診療報酬請求などの事務的な仕事も行う事になります。実際の医療現場では歯科医が不足している場合には診療器具の消毒滅菌作業や準備なども含めて広い範囲での活躍が求められますし、虫歯や歯周病の予防という意味では経験年数や技術によっては歯科医と変わらない活躍をしている場合もあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が休診の理由とは. All rights reserved.