トップ / 医師の人数の問題とは

医師の人数の問題とは

医師不足が深刻化

医師不足の解消は課題である

医師不足が問題となっています。日本は超高齢社会に突入しており、その影響もあってたくさんの人が病院を訪れます。そのためどこの病院も大変混雑しており、待合室は一杯です。受診するために、とても長い時間待たされることになります。その原因としては、医師が不足していることが挙げられます。患者の数に対してその患者をみる人の数が、圧倒的に少ないのです。そのような問題を解決する為に、大学の医学部の数を増やしたり医学系の大学を創設したりと様々な取り組みが、行われています。しかしその質を下げることもできませんし財源の問題もあるので、なかなか思うように進まないのが現状です。日本は今後も高齢化がどんどん進むので、この不足の状況に関しては待ったなしの問題なのです。そのため問題を解決するために、様々な機関が連携して取り組むことが必要です。この問題を解決するためにはどうすれば良いかを、様々な機関が連携して協力し合って行くことが求められています。

不足の状況を解決させるには

近年の高齢化によって、介護福祉士などの介護職の需要が高まっています。高齢になるとケガや病気をしやすく、病院に通院する人が増えます。高齢化になる以前から、医師不足は起こっていました。なのに高齢者の患者さんが増加すれば、負担が大きくなるうえ、不足するのは目に見えています。では一体どうすれば良いのか。それは適性を見極めたり、希望者には補助金を支給するなどの支援を与えることです。適性についてですが、医師は体力と知識の両方を兼ね揃えなければ成り立たない職業ですので、適合者にはぜひなってもらえるようにアドバイスして意識してもらえるようになれば良いです。その適合者自体とても少ないので、対応することは簡単です。希望者についてですが、医学大学の学費が高く、入学したい人が入れない環境になっています。それは非常にもったいないことなので、医者のタマゴを潰さないように国が総力を挙げて支援するべきです。いずれは各地域に不足なく配置できるようになるのが理想です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が休診の理由とは. All rights reserved.