トップ / 医師として勤務し続ける

医師として勤務し続ける

医師の退職の年齢

何歳まで医師を続けられるのか

医師は免許を保有していればできる仕事であり、開業医などであれば、何歳までに退職しなければならないといった規定もありませんので、本人が希望するのであれば何歳まででも就労し続けることが可能です。ただし、手先の器用さや先端の医療技術、医学知識が求められますので、70歳や80歳になってまで医師として勤務し続ける方は多くありません。患者の側も高齢の方よりも若い医者を好む傾向があり、自然と淘汰されていっているようです。

医師として働くのは何歳まで

医師は何歳まで続けることができるのかというと、免許に定年はないということです。スポーツ選手などのように体力の衰えによって、引退を考えなければならないという職業ではないです。患者さんを目の前にし、患者さんの治療方法を提案し、導いていくことが役割となります。それによって、ゆったりと寄り添うことで、患者さんの心と体の健康を支えるのです。そのため、自分の気力がもつまで、医師は何歳までも続けることができるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が休診の理由とは. All rights reserved.