トップ / 医師としての学びを得る

医師としての学びを得る

医師の研修で学ぶこと

医師の卵の研修医時代は重要

大学で医師になる勉強をし、知識を得ることができたら、今度は病院で実地訓練を受けることが必要です。これが研修医と呼ばれる段階になります。この研修医は、まだまだ医者の卵であり、一人では医学的判断や患者さんの治療を行うことはできません。しかし、この段階で、いかに多くの治療に関する意見を聞いたり、患者さんに触れ合うことで色々な疾患の知識や技術など医師としての学びを得ることができます。またできなくて当たり前なので、どんどん質問をして疑問解決などを行っていく大切な時期だといえます。

医師制度の研修医について

国内における医師の研修医は2年と決まっています。国家試験に合格すると、自分が希望する研修地を選ぶことができて、そこですべての科を一通り学びます。内科や外科が半分近い比重を占めており、残りは小児科、産科、整形外科、精神科などです。2年間の研修医を終えると、自分の好きな科に進むことができます。そこで約10年ほど医師をしてから開業される方も少なくないです。大学を卒業して最初の2年間は、かなりハードなのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が休診の理由とは. All rights reserved.