トップ / 医師が心がけるべき事

医師が心がけるべき事

医師に必要なものとは

医師には適正があるのか

医師に適正はあるのでしょうか。きちんと医療に関する勉強をして、国家資格を得たら医者になることはできます。しかし、その適正を判断することは容易ではありません。しかし一番大切なことは、病院は患者が訪れて治療を受ける、接客業、サービス業なのです。医師はホスピタリティーのある仕事なのです。そのために人間に対する接し方、対応の仕方は、わきまえておく必要があります。接遇に関する知識や常識的な考えのできる人であれば、こなすことができるでしょう。

医師の適正はどのようなもの

医師は、勉学的にも、技術的にも必要かもしれませんが、もっと必要とされているのは、適正な能力をもっているかどうかです。診察をする上で、患者さんの心の中を察しなければなりません。もちろん人の心を読めるわけではないですが、表情や動きや口調などを総合的に判断して、読みとるわけです。医師はどんなに素晴らしい技術を持っていても、人間としての適正な能力がなければ技術や能力は、宝の持ち腐れになってしまいます。まずは医療人としての心がまえなのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が休診の理由とは. All rights reserved.