トップ / 医師の仕事に専念するため

医師の仕事に専念するため

医師にとっての秘書

医師にも秘書が必要な時もある

医師の中にも、医局長クラス、部長クラスになると秘書がついている場合があります。これは管理職になると、臨床だけでなく学会や会議、講演会、他のコメディカルとのかかわりなどで、日々病院内外で予定が入ることが多くなってくるからです。その場合は、秘書を置き、これらの時間の管理やスケジュール管理、また自分が不在の時の連絡など、医師本人が煩わしい事務手続きをせずいろいろな事に専念できるように重要な役割を担ってくれます。

医師のサポート役でもある秘書

医師は病院を運営していく上で最も重要な立場にあります。しかし、他にも医院の運営をしていく上でなくてはならない様々な人たちが医療に従事し病院は成り立っています。まず看護師や看護助手の他薬剤師に医療事務や秘書などが医療業務に携わっています。その中でも医師のスケジュールを管理する秘書の役割はとても重要です。多忙なスケジュールをより効率的に業務できるようスケジュール管理をする能力の他、来客にもしっかり対応できる順応性の高さも必要になります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が休診の理由とは. All rights reserved.